• アクセスはこちら
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0748-23-2430 

9:00~18:00 土・日・祝日・夜間も相談可能!(要予約)

遺言書作成サポート

あてはまる方は当事務所へご相談ください

・子どもがいない方

・子どもがたくさんいて、連絡がつかない場合や仲が悪く疎遠となっている子どもがいる方

・再婚した経験があり、前婚時代に生まれた子どもがいる方

・自宅などの財産を特定の人(妻・孫など)に相続したい方

・持っている財産が多い、金額が多い方

・相続する際に分割しづらい不動産などの財産を多く持っている方

「遺言書は資産家が書くものであり、自分には関係ない」「わが家は仲が良く、遺言書を残さなくても家族でうまく話し合ってくれる」などと考えている人もいます。

また、「自分はまだ遺言書を書く必要がない」と、相続についてまだ考えなくてもいいと先延ばしにしている人もいらっしゃいます。

遺言とは

遺言とは、遺言者の最終の意思を表したものです。
自分の財産について、誰に何を相続させるか、自由に決めることができます。

さらに、 財産に関する事項以外にも遺言で定めることができますが、遺言の内容に法律効果をもたらすことができる事項は、法律で決まっています。

この事項を『遺言事項』といいます。

なお、遺言は被相続人ごとに作成します。
また、遺言は、文字で残すことを原則とし、後日の改変が可能なビデオテープや録音テープなどは認められていません。

遺言の種類には、まず大きく普通方式の遺言と、特別方式の遺言に分けて定めています。

1.普通方式

自筆証書遺言
公正証書遺言
秘密証書遺言

    2.特別方式

    死亡危急者の遺言
    伝染病隔離者の遺言
    在船者の遺言
    船舶遭難者の遺言

    遺言書の種類

    自筆証書遺言

    本人が、本文の全文・日付・氏名を自筆で書いた書面に捺印したものです。
    用紙は何でも構いませんが、ワープロ文字や代筆は認められず、必ず自分で書くことが必要となります。

    公正証書遺言

    公正証書遺言は、遺言者本人が公証役場に出向き、証人2人以上の立会いのもとで、遺言の内容を話し、公証人が筆記します。
    そして公証人は、記録した文章を本人と証人に読み聞かせたり、閲覧させたりして筆記の正確さを確認し、それぞれの署名・捺印を求めます。

    これに、公正証書遺言の形式に従って作成した旨を公証人が記載し、署名・捺印して完成します。
    なお、言葉の不自由な人や耳の不自由な人の場合は、本人の意思を伝えることのできる通訳を介して遺言を作成することができます。

    また、相続人になる可能性のある人(推定相続人)、直系血族、未成年者、受遺者などは、公証人役場での証人になることはできません。

    秘密証書遺言

    本人が公証役場に出向いて証書に内容を記載して署名・捺印した上で証書を封じ、同じ印鑑で封印をします。
    この証書を公証人1人と証人2人以上の前に提出し、自分の遺言である旨を告げ、住所氏名を述べます。

    それを公証人が封紙に日付と共に記録し、本人と証人と共に署名捺印して作成します。
    公正証書遺言と同じように公証役場で作成するのですが、遺言書の内容を密封して、公証人も内容を確認できないところが相違点です。

    自筆証書遺言と秘密証書遺言は、作成時点でその内容を本人以外に知られることがなく、プライバシーを守ることができますが、本人の死後に家庭裁判所で検認の手続きが必要となります。

    検認の必要がないのは、公正証書遺言の場合だけです。

    死亡危急者の遺言とは、病気等の理由で死が間近に迫っている場合に、3人以上の証人に対して遺言の内容を伝え、証人の1人が筆記等をすることにより作成する方式の遺言です。

    この場合、親族などが筆記したものは、歪曲の恐れがあるため認められません。
    この場合の証人も、公証役場での証人資格と同様です。

    これは緊急的な措置で、本人が健康でしっかりした意識状態で遺言作成することが望ましいです。

    自筆証書遺言と公正証書遺言の比較

    特徴 公正証書遺言 自筆証書遺言
    メリット ○家庭裁判所での検認手続が不要○死後すぐに遺言の内容を実行できる○紛失・変造の心配がない(公証役場で保管) ○手軽でいつでもどこでも書ける○費用がかからない○誰にも知られずに作成できる
    デメリット ●費用がかかる●証人が必要※成年者であることが必要。※下記の方は証人になれない。・推定相続人・その配偶者・直系血族など ●不明確な内容になりがち●形式の不備で無効になりやすい●紛失や偽造・変造、隠匿のおそれがある●家庭裁判所での検認手続が必要

    遺言を書く際のポイント

    遺言の種類によって法律で厳格に書き方が定められています。
    せっかく時間をかけて書いた遺言書も、書式に不備があったことで、遺言書自体が無効になる可能性もあります。

    自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方についての説明をいたしますが、きちんとした遺言書を作成したいのであれば、一度司法書士などの専門家にご相談することをお勧めします。

    遺言は書き直しが可能です!

    遺言の初回相談は無料です!【要予約】

    親切丁寧にご相談に対応させていただきます。
    ご予約専用ダイヤルは0748-23-2430になります。

    土曜・日曜・祝日の面談をご希望の場合はご相談ください。親切丁寧にご相談に対応させていただきます。

    当事務所が選ばれる理由

    選ばれる理由について詳しくはこちら>>

    遺言作成サポートの費用

    遺言書作成

    遺言書作成サポート(自筆証書)

    50,000円~

    遺言書作成サポート(公正証書)

    50,000円~

    証人立会い

    10,000円/名

    ※公正証書遺言の場合、当事務書の報酬と別に公証人役場の手数料が必要になります。

    遺言執行

    遺産評価総額

    遺産額の1.0%

    ※遺産額に関わらず、報酬は最低40万円からとなります。

    ※公正証書遺言の場合、当事務書の報酬と別に公証人役場の手数料が必要になります。

    主な相続手続きのメニュー

    ご相談が多い相続手続き一覧

    相続手続きのご相談をご検討の皆様へ

    ご自身で手続きを進めようとお考えの方も注意が必要です

    • こんなに大変! 戸籍取得をする方法 法律知識が必要で手間がかかる こちらをクリック
    • 注意が必要です!ご自身で取り組む場合 相続手続ワンストップサービス こちらをクリック
    • 相続に特化!当事務所の取り組み 当事務所が選ばれる理由 こちらをクリック

    相続のご相談は当相談室にお任せください

    • たくさんの”ありがとう”をいただきました!ご相談者様の声
    • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介!当事務所の解決事例

    よくご覧いただくコンテンツ一覧

    • ホーム
    • 選ばれる理由
    • 事務所紹介
    • 専門家紹介
    • 料金表
    • アクセス
    • 相談の流れ
    • 問い合わせ

    お客様から声をいただきました!

    お客様の声を大切にします
    • お客様の声5…

      ラインでの連絡もあり途中経過も分かりやすく助かりました。周囲に同じような悩みを持っている人がいれば是非紹介しようと思いました。ありがとうございました。

    • お客様の声4…

      いつも気持ちのいい応対をしていただきありがとうございました。事務所で出していただいたお茶がいつもおいしかったです。

    • お客様の声3…

      色々とお世話になりました。親切丁寧に対応して頂きありがとうございました。

    • お客様の声2…

      悩みや疑問があれば、とりあえず無料相談を受けられたらと思います。優しく親切な対応して頂きありがとうございました。

    お客様アンケート一覧についてはこちら
    Contact
    相続の無料相談受付中!
    PAGETOP