特別寄与の制度

相続人以外の者の貢献を考慮するための方策の新設

介護などを行った場合に、相続人以外でも寄与分を請求できるようになります!

特別寄与の制度(20197月10日施行)

現行法

共同相続人が、 被相続人の事業に関する労務の提供または財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法によって被相続人の財産の維持・管理について特別の寄与をしたときは、共同相続人の協議または家庭裁判所の決定により、寄与分を加えた額をその者の相続分とします。(現行民法904条の2/寄与分)

改正後

被相続人に対して無償で療養看護その他の労務提供をしたことにより、被相続人の財産の維持・増加について特別の寄与をした被相続人の親族(=「特別寄与者」)は、相続の開始後、相続人に対し、寄与に応じた額の  金銭(=「特別寄与料」)の支払いを請求することができます。

当事者間に協議が調わない・協議をすることができないときは、家庭裁判所に訴え出ることができます。(特別寄与者が相続の開始及び相続人を知ったときから6箇月以内 または 相続開始から1年以内)。

相続の無料相談実施中!【要予約】

親切丁寧にご相談に対応させていただきます。
ご予約専用ダイヤルは0748-23-2430になります。
土曜・日曜・祝日の面談をご希望の場合はご相談ください。親切丁寧にご相談に対応させていただきます。

ご相談の流れはこちら>>

事務所紹介はこちら>>

料金表はこちら>>

当事務所が選ばれる理由

その①:滋賀・東近江で相続、遺言、成年後見の無料相談を実施中!

その②:相続・遺言の相談件数が累計400件以上の実績!

その③:八日市駅徒歩8分の場所にオフィスを構え、東近江市、近江八幡市からのアクセス抜群

その④:相続に専門特化した事務所!

その⑤:万全の連携体制でスピーディーに対応!

その⑥:不安を解消する明瞭な料金体系!

その⑦:相続手続き丸ごと代行サービスで一括サポート!

その⑧:平日・日中がお忙しい方でも安心の土・日・祝日・夜間対応!

その⑨:お客様のプライバシーを厳守します!

その⑩:東近江・近江八幡を中心に滋賀全域を幅広く対応!

メニュー