遺留分制度

遺留分制度の問題点

①遺留分減殺請求権の行使によって共有状態が発生する ⇒ 事業承継の支障となるおそれ

②この共有割合は、不動産の評価額を基準にして決まるため、大きな額になることが多い ⇒ 持分権の処分に支障が出るおそれ

改正後(2019年7月1日施行)

遺留分制度の見直し

①遺留分を侵害された者は、遺贈や贈与を受けた者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の請求をすることができるようになる

②遺贈や贈与を受けた者が金銭を直ちに準備することができない場合には、裁判所に対し、支払期限の猶予を求めることができる

相続の無料相談実施中!【要予約】

親切丁寧にご相談に対応させていただきます。
ご予約専用ダイヤルは0748-23-2430になります。
土曜・日曜・祝日の面談をご希望の場合はご相談ください。親切丁寧にご相談に対応させていただきます。

ご相談の流れはこちら>>

事務所紹介はこちら>>

料金表はこちら>>

当事務所が選ばれる理由

その①:滋賀・東近江で相続、遺言、成年後見の無料相談を実施中!

その②:相続・遺言の相談件数が累計400件以上の実績!

その③:八日市駅徒歩8分の場所にオフィスを構え、東近江市、近江八幡市からのアクセス抜群

その④:相続に専門特化した事務所!

その⑤:万全の連携体制でスピーディーに対応!

その⑥:不安を解消する明瞭な料金体系!

その⑦:相続手続き丸ごと代行サービスで一括サポート!

その⑧:平日・日中がお忙しい方でも安心の土・日・祝日・夜間対応!

その⑨:お客様のプライバシーを厳守します!

その⑩:東近江・近江八幡を中心に滋賀全域を幅広く対応!

メニュー