相続法改正による具体的な内容

昭和55年以来、約40年ぶりの大幅な見直しにより私たちの生活にも密接に関わる内容になります。
相続法は昭和55年以来、大きな見直しはなかったですが,日本社会の高齢化が進み、相続開始時における配偶者の年齢も高齢化したことにより法改正の必要性が高まっていました。

具体的な改正内容

実施年 主な改正内容
2019年1月13日施行 ・自筆証書遺言の方式緩和
2019年7月1日施行 ・預貯金の仮払い制度の創設
・相続人以外の者の貢献を考慮するための方策の新設
・配偶者保護のための方策の新設
・遺留分制度の見直し
・相続の効力等に関する見直し
2020年4月1日施行 ・「配偶者短期居住権」「配偶者居住権」の新設
2020年7月10日施行 ・「自筆証書遺言の保管制度」の創設

メニュー