• アクセスはこちら
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0748-23-2430 

9:00~18:00 土・日・祝日・夜間も相談可能!(要予約)

相続人の一人が未成年の場合の相続登記の手続きに関するケース

状況

相続人は、被相続人の配偶者とお子様の二名。

相続財産は配偶者と共有名義の不動産のみでした。本来は不動産名義の変更手続きのみのケースですが、お子様が未成年者であったため、遺産分割協議をするためには代理人が遺産分割協議書に署名捺印することになります。

相続人である配偶者は子の親権者なので、一般的にはお子様の法定代理人ですが、遺産分割に関しては利益相反の関係になるため、法律では特別代理人を未成年者の住所を管轄する家庭裁判所に申し立て、特別代理人が専任されてから遺産分割協議をする必要があります。

当事務所からのご提案&お手伝い

今回のケースでは、共有名義になっている不動産については売却するという予定であったため、できるだけ手続きをスムーズに進める必要がありましたので、手続きの手間を短縮させるために法定相続分で名義変更の手続きをすることを提案しました。

結果

法定相続分通りの登記であれば、相続人のうち一人が単独で申請することができるため、遺産分割協議を省略でき、特別代理人の選任の手続きを経ることなく名義変更ができました。

そして、財産の共有持分に関しては、相談者とお子様が法定相続分通り、2分の1ずつ共有で相続することになり、本来であれば、不動産の共有は権利関係が複雑になるので避けますが、良好な親子関係だったため、お客様にご説明をして手続きを進めることになりました。

不動産をすぐに売却しなかったとしてもお子様が成人となれば、相談者とお子様が共同で不動産の売却手続きをすることで目的を達成することができるため、リスクを考えた上で、お客様の手数料を大幅に短縮し、名義変更の手続きを完了することができました。

主な相続手続きのメニュー

ご相談が多い相続手続き一覧

相続手続きのご相談をご検討の皆様へ

ご自身で手続きを進めようとお考えの方も注意が必要です

  • こんなに大変! 戸籍取得をする方法 法律知識が必要で手間がかかる こちらをクリック
  • 注意が必要です!ご自身で取り組む場合 相続手続ワンストップサービス こちらをクリック
  • 相続に特化!当事務所の取り組み 当事務所が選ばれる理由 こちらをクリック

相続のご相談は当相談室にお任せください

  • たくさんの”ありがとう”をいただきました!ご相談者様の声
  • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介!当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 相談の流れ
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • お客様の声5…

    ラインでの連絡もあり途中経過も分かりやすく助かりました。周囲に同じような悩みを持っている人がいれば是非紹介しようと思いました。ありがとうございました。

  • お客様の声4…

    いつも気持ちのいい応対をしていただきありがとうございました。事務所で出していただいたお茶がいつもおいしかったです。

  • お客様の声3…

    色々とお世話になりました。親切丁寧に対応して頂きありがとうございました。

  • お客様の声2…

    悩みや疑問があれば、とりあえず無料相談を受けられたらと思います。優しく親切な対応して頂きありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
相続の無料相談受付中!
PAGETOP